六田 知弘

プロフィール

六田 知弘
撮影:古川 章

  • 六田 知弘
  • 1956年 奈良県生まれ
    1980年 早稲田大学教育学部卒業
    1982年よりネパールヒマラヤ山中のシェルパの村に暮らして撮影
    1988年 最初の個展「ひかりの素足-シェルパ」(新宿ニコンサロン)を開催
  • ヒマラヤの村に暮らして撮影した「ひかりの素足—シェルパ」以来「自然や宇宙との根源的なつながり」を遠くに探りながら、モノ、風景、人物など様々な事象を対象に撮影し、写真展や出版を通じて発表。
    仏像などの日本美術のほかヨーロッパ中世美術、雲岡石窟等の仏教遺跡など、文化財、古美術品の撮影も多く手がける。
  • 公式サイト http://www.muda-photo.com

作品


M-01


CK-01


KF-01

《掲載画像の無断転載・使用を禁じます》

主な展示

2007年 「祈りの中世 ロマネスク美術写真展」(国立西洋美術館/東京)
2008年 「祈りの道 サンティアゴ巡礼の道と熊野古道」ルイス・オカニャとの二人展
(和歌山県田辺、パリ、サンティアゴ、東京を巡回)
2009年 「シトーの光」(繭山龍泉堂/東京)
「Clair Obscur」(Galerie Frédéric Moisan/パリ)
2010年 「壁の記憶」(丸の内ギャラリー/東京)
2011年 「雲岡 仏宇宙」(繭山龍泉堂/東京)
2012年 「OKUGAKE」(金峯山寺本地堂/奈良県吉野山)
2013年 「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」(相田みつを美術館/東京)
2013年 「LES MURS DU TEMPS」(Galerie Yoshii/パリ)
2014年 「3.11 時のイコン 東日本大震災の記憶」(渋谷区立松濤美術館/東京)
2014年 「蓮―清らかな東アジアのやきもの×写真家・六田知弘の眼」
(大阪市立東洋陶磁美術館/大阪)
2014年 「水ノ貌 MIZU NO BO」(加島美術/東京)
2015年 「ボロブドゥール Borobudur」(繭山龍泉堂/東京)
2015年 「地・空ノ貌 CHI・KU NO BO」(加島美術/東京)
2015年 六田知弘写真展「壁」(ギャラリー古今/東京)
2016年 六田知弘写真展「Icons of Time Memories of the Tsunami that Struck Japan
Photographs by Tomohiro Muda」(The Japan Foundation Gallery, Sydney/オーストラリア)
2016年 「火・風ノ貌 KA・FU NO BO」(加島美術/東京)
2009年より写真展「サンティアゴ巡礼の道 六田知弘 東洋のまなざし」がヨーロッパ各地を巡回中
 

写真集

「ひかりの素足-シェルパ」IPC刊
「ひかりの素足-シェルパ」
IPC刊
「ポリの肖像」シングルカット刊
「ポリの肖像」
シングルカット刊
「In Praise of Japanese Beauty / Japanese Aesthetics Through the Lens of Tomohiro Muda」コエランス刊
「In Praise of Japanese Beauty /
Japanese Aesthetics Through
the Lens of Tomohiro Muda」
コエランス刊
「雲岡石窟 仏宇宙」 冨山房インターナショナル刊
「雲岡石窟 仏宇宙」
冨山房インターナショナル刊
「OKUGAKE」LLPブックエンド刊
「OKUGAKE」
LLPブックエンド刊
「石と光 シトーのロマネスク聖堂」 平凡社刊
「石と光 シトーのロマネスク聖堂」
平凡社刊
「時のイコン 東日本大震災の記憶」 平凡社刊
「時のイコン 東日本大震災の記憶」
平凡社刊
「ブッダ 今を生きる言葉」 パイ インターナショナル刊
「ブッダ 今を生きる言葉」
パイ インターナショナル刊
「光の聖堂 ロマネスク」 淡交社刊
「光の聖堂 ロマネスク」
淡交社刊

現代作家一覧

ページトップへ戻る