美祭-BISAI-23 4/21(土)―5/6(日) 400点を超える名品達に出逢う、至福の空間加島美術でしか味わえない、極上の美術体験

ABOUT

美祭 びさい

年に2回、春と秋に開催しております美術品展示販売会「美祭‐BISAI‐」は、今春で23回目を迎えます。現代的な空間と、伝統的な茶室を備えた和のギャラリーに、近世から現代までの日本画、洋画、墨蹟などがずらりと並ぶ本展。ガラスケースなしに、作品を直に見る醍醐味こそが「美祭‐BISAI‐」の魅力です。

人から人へと数百年にわたり受け継がれてきた作品の数々。その美しさは日々の暮らしに彩りを添え、その歴史は過去の人々と現代のわたしたちの繋がりを教えてくれます。今回の出品総数は約400点。
特別な一点との出会いを探しに、是非お立ち寄りくださいませ。

美祭とは

美祭23 開催日時

出品作家(一部)

池大雅・伊藤若冲・円山應挙・与謝蕪村・浦上玉堂・谷文晁・酒井抱一・橋本雅邦・狩野芳崖・渡邊省亭・白隠慧鶴・小林一茶・吉田松陰・夏目漱石・副島種臣・横山大観・速水御舟・竹久夢二・竹内栖鳳・上村松園・川合玉堂・前田青邨・奥村土牛・小倉遊亀・棟方志功・山下清・藤島武二・藤田嗣治・鴨居玲 他多数

このページのトップへ

EVENT

特別展

長澤蘆雪展

奇想の画家として大人気なのは伊藤若冲ですが、円山應挙の弟子であった長澤蘆雪もまた、奇想の画家の一人として隠れた人気を誇ります。
ころころ愛らしい仔狗が雪の中で身を寄せ合う「狗児図」は、犬好き、蘆雪ファンならずとも必見の作品です! 約30点の作品を一挙に展示致しますので、この機会を是非お見逃しなく。

金子信久 氏 トークイベント

イベントお申し込みフォームへ

このページのトップへ

CATALOGUE

美術品販売カタログ 「美祭 BISAI 23」

加島美術がこだわり続けてきた「美祭‐BISAI‐」のカタログ。
2019年、装いを新たに新シリーズ「美祭・撰」をスタートします。
その本格リニューアルを前に、2018年の「美祭‐BISAI‐」では、どなたでも気軽に美術品を手に入れる楽しみを感じて頂ける目録「美祭23」に加え、日本美術の素晴らしさをより深く堪能頂く為の「美祭23 特撰」の2冊をお届けいたします。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

カタログのご請求。新規お申し込しみの方限定!!無料プレゼント。下記の電話・FAX番号またはお申込フォームよりお問い合せください。

カタログお申し込みフォームへ

このページのトップへ

加島美術外観

株式会社 加島美術

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2
TEL:03-3276-0700
FAX:03-3276-0701

  • ● 地下鉄銀座線 「京橋駅」出口3 徒歩1分
  • ● 地下鉄有楽町線 「銀座一丁目駅」出口7 徒歩2分
  • ● 都営浅草線 「宝町駅」A4 徒歩5分
  • ● JR 東京駅 八重洲南口 徒歩6分

このページのトップへ