美祭 BISAI 17

展示は終了いたしました。

人生を豊かにする、作品との出会いを。

美術品を介して自己の教養を高め、先人との精神的な対話を行うことは人生を豊かにし、歴史に裏打ちされた確かな感性を養うことに繋がります。唯一無二の作品はかけがえのない人生を生み出す契機となるだけでなく、受け継がれるべき精神の結晶でもあります。美術品と人の出会いをひとつの「縁」として重んじ、加島美術はこれまで多くのお客様と作品との出会いの場を提供して参りました。「美祭」を通じ、より多くの方々に日本美術の美しさ、奥深さ、魅力を伝え、歴史上価値ある美術品を次世代へと継承していく「絆」を創りあげるべく活動しております。

美祭 BISAI

年2回、春と秋に開催しております特別展示会「美祭」は、今春で17回目を迎えることとなりました。
1階ギャラリーに加え、昨年9月に完成し、茶室を併設している2階ギャラリーも利用して開催する本展示会。
そこでは江戸期から現代までの日本画、油彩画、墨跡などの書画を中心とした総数約450点の作品を取り揃え、皆さまをお迎え致します。
弊社はこれまで美術館の展覧会に出品協力を行うなど、多彩なミュージアムピースを扱っており、「美祭」はガラス越しではなく、直にその名品・優品と向き合うことができる貴重な機会となっております。
人から人へと数百年にわたり受け継がれてきた日本の美。その美しさは現代の暮らしに彩りを添え、さらには深みを与える存在です。
ぜひ今年の春は美術館とはひと味違う空間で、日本美術の繊細な一面をご堪能してみてはいかがでしょうか。

会 期 2015年4月25日(土)5月6日(水)
10:0018:00 ※会期中は無休で営業しております
会 場 加島美術

取扱い作家
本阿弥光悦、円山應擧、伊藤若冲、曾我蕭白、谷文晁、酒井抱一、橋本雅邦、横山大観、下村観山、川合玉堂、速水御舟、伊東深水、藤田嗣治、山口薫 他多数

このページのトップへ

会期中イベント

若松英輔
イベントのお申込はこちら

三田文学編集長
若松英輔氏トークイベント
「書画の哲学―見るコトバ―」

哲学の視点から”書”の魅力や深さを鋭く解説するトークイベント「書画の哲学―見るコトバ―」を開催いたします。
日本文化に親しむための“はじめの一歩”としてアートに関してビギナーの方にも楽しんでいただけるイベントとなっております。ぜひお申し込みくださいませ。

日時 : 2015年4月29日(水・祝) 13:30開場 / 14:00スタート

講演時間 : 約1時間

会場 : 加島美術

参加費 : 入場無料

定員 : 25名(1組2名様まで / 抽選)

申込方法 : 電話、ハガキ、FAX、WEB申し込みフォーム

WEBサイト : http://www.kashima-arts.co.jp/campaign/

申込締切日 : 4月20日(月)

抽選日 : 4月21日(火)

若松 英輔(わかまつ えいすけ)
1968年生まれ。慶應義塾大学文学部仏文科卒業。批評家、思想家。読売新聞読書委員、『三田文学』編集長。2007年「越知保夫とその時代 求道の文学」で、第14回三田文学新人賞評論部門当選。主な著作に、『井筒俊彦 叡知の哲学』(慶應義塾大学出版会)、『神秘の夜の旅』『魂にふれる 大震災と、生きている死者』『死者との対話』『池田晶子 不滅の哲学』(ともにトランスビュー)、『内村鑑三をよむ』『岡倉天心「茶の本」を読む』『吉満義彦』(ともに岩波書店)、『涙のしずくに洗われて咲きいづるもの』『君の悲しみが美しいから僕は手紙を書いた』(ともに河出書房新社)、『生きる哲学』(文春新書)「霊性の哲学」(角川学芸出版)などがある。

イベントのお申込はこちら

チャリティー入札

「美祭」期間中、ギャラリーの一角にチャリティー入札コーナーを設置いたします。本チャリティー入札は、特定の作品の入札販売を行い、その収益金の一部は全国の国公私立美術館が加盟する全国美術館会議への寄附を通じて、東日本大震災で被災した美術品等の修復と同震災で被災した美術館等の支援事業に充てられます。

【対象作品】

慈雲 尊者 「大道通長安」 紙本 高野辰之箱書

平福 百穂 「秋江帆影」 紙本 淡彩 共箱 舟山三朗鑑定證

寺崎 廣業 「溪間の桜・瀧に紅葉」 双幅 絹本 着色 共箱

このページのトップへ

展示会図録「美祭BISAI 17」無料進呈

美祭BISAI17

総点数約450点を収録した展示会図録!

総点数約450点を収録した展示会図録をプレゼントいたします。デザイン、サイズ、内容の全てにおいてこだわりのある図録を自社制作しております。その中身は作品をより美しく見せるのはもとより、実際に作品を飾った空間の提案ページ、業界著名人との対談ページや作家特集ページ、「美術を支える人々」と題した職人紹介コラム、最近では、数寄者のコラムも加わり、読み物としても楽しめる図録となっております。

※部数に限りがあるため、なくなり次第受付を終了させていただきます。

お申し込み方法 お申し込みフォーム

展覧会図録「美祭 BISAI」 特集記事

インタビュー 日本美術を支える人々 vol.14

東京国立博物館 デザイン室長 木下史青 氏(展示デザイナー)

伝統的な日本家屋やお茶室を飾るものとして、または寺院などで信仰の対象としてその歴史を紡いできた日本美術の品々がもっとも美しく、そして趣深く見る者の眼に映るのは、どんな光のもとでだろう。
これまでの「日本美術を支える人々」は、美術品を生み出す道具や素材を作る方、保存、修復に携わる方など、直接的に作品に関わる方々を取材してきたが、今回は少し趣向を変え、照明によって日本美術を「見せる」ことを仕事としている東京国立博物館 デザイン室長の木下史青さんにお話をお聞きした。木下さんはこれまで、94万人を超える来場者数を記録した2009年の「国宝 阿修羅展」など、トータルで4、50展(!)ほどの東博の特別展の展示を担当されている。

木下史青

【木下史青氏(きのした・しせい)プロフィール】
1965年東京都生まれ。展示・照明・環境デザイナー。東京藝術大学大学院 修士課程環境造形デザイン専攻修了。現在、東京国立博物館 デザイン室長。愛知県立芸術大学デザイン科・東京藝術大学デザイン科・武蔵野美術大学学芸員課程などで非常勤講師を務める。

このページのトップへ

インフォメーション

加島美術外観

株式会社 加島美術

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2 (東京スクエアガーデン脇)
TEL:03-3276-0700 / FAX:03-3276-0701

  • ■ 地下鉄銀座線 「京橋駅」出口3 徒歩1分
  • ■ 地下鉄有楽町線 「銀座一丁目駅」出口7 徒歩2分
  • ■ JR 「東京駅」八重洲南口 徒歩6分

このページのトップへ