美祭 BISAI 19

展示は終了いたしました。

ABOUT

年に2回、春と秋に開催しております美術品展示販売イベント「美祭‐BISAI‐」は、今春で19回目を迎えます。
現代的な空間と、伝統的な茶室を備えた和のギャラリーに、中世から現代までの日本画、洋画、墨蹟などがずらりと並ぶ本展。ガラスケースを通さずに、作品を直に見る醍醐味こそが「美祭」の魅力です。

人から人へと数百年にわたり受け継がれてきた作品の数々。その美しさは日々の暮らしに彩りを添え、その歴史は過去の人々と現代のわたしたちの繋がりを教えてくれます。
今回の出品総数は約430点
特別な一点との出会いを探しに、是非お立ち寄りくださいませ。

出品作家(一部)
伊藤若冲・曾我蕭白・円山應挙・長澤蘆雪・池大雅・与謝蕪村・酒井抱一・鈴木其一・河鍋暁斎
慈雲尊者・仙厓義梵・棟方志功・横山大観・竹内栖鳳・上村松園・川合玉堂・小倉遊亀・平山郁夫

このページのトップへ

EVENT I

トークイベント

石田佳也

サントリー美術館 学芸部長
石田 佳也(いしだ よしや)氏

PROFILE
1957年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修了。
1985年よりサントリー美術館に勤務。
「BIOMBO/屏風 日本の美」、「不滅のシンボル 鳳凰と獅子」、「南蛮美術の光と影 泰西王侯
騎馬図屏風の謎」などの企画展を手がける。おもな研究分野は近世日本絵画史。

受付終了しました

EVENT II

チャリティー入札

「美祭‐BISAI‐」期間中、ギャラリーの一角に「チャリティー入札コーナー」を設置いたします。今回の入札には、古画・筆跡・新画の各ジャンルからそれぞれ5点、合計15点が出品されます。収益金の一部は先日発生した熊本地震で被害を受けた方々への義援金として熊本県へ寄附させていただきます。

対象作品をみる

このページのトップへ

CATALOGUE

美祭19

「美祭 BISAI19」は、日本美術への加島美術のこだわりがつまったカタログです。
作品をより魅力的に見せる飾り方を提案するページや、業界著名人と加島美術会長との対談、一人の作家に焦点を当てて紹介する作家特集ページ、数寄者によるコラムなどの読み物も充実し、日本美術をまるごと楽しめる一冊となっています。

カタログのご請求 お申し込みフォームへ

加島美術外観

株式会社 加島美術

〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-2
TEL:03-3276-0700
FAX:03-3276-0701

  • ● 地下鉄銀座線 「京橋駅」出口3 徒歩1分
  • ● 地下鉄有楽町線 「銀座一丁目駅」出口7 徒歩2分
  • ● 都営浅草線 「宝町駅」A4 徒歩5分
  • ● JR 「東京駅」八重洲南口 徒歩6分

このページのトップへ