鳥博士高橋の鳥舌技巧!

vol.10 ゆるキャラ千鳥:千鳥・花鳥図

“千鳥”という伝統的な“ゆるキャラ”をご存知だろうか。頭と両翼を頂点とした正三角形または尾を含めた菱形のような形で、大きな頭には短い嘴と丸い点の目があり、お尻からは2本の足がひょろっと突き出ている。それはまるでヒヨコのようで、ふわっとユルく可愛らしい。一説には奈良時代から存在するという伝統的な模様で(デザインの細部は時代と共に変化しただろうが)、今でも人気が高く、着物や和柄小物等で頻繁に目にする。多くは単体ではなく群れで描かれ、波模様と組み合わせた“浜千鳥”が最も一般的である。

一方で鳥類学においては、チドリはチドリ目チドリ科の小型種を主に指す(大型種のケリやタゲリ、中型種のダイゼンやムナグロなどは狭義的には該当しない)。大きな頭にはクリクリした大きな目と短い嘴があり、しゅっとスマートな体には少し長めの翼と脚がある。“ゆるキャラの千鳥”とは全く似ていないが、可愛らしさは共通すると言えるだろう。日本には3種(コチドリ・イカルチドリ・シロチドリ)が繁殖し、その他は春秋に立ち寄るだけの渡り鳥である。主に水辺に生息し、水際をちょこちょこと走り回りって小動物を探し当てて食べる。コチドリは生息数が多く様々な環境でよく見かけるが、イカルチドリは河川中流域の砂礫地、シロチドリは自然のままの砂浜を主な生息地としており、これらはあまり多くない。姿形はどの種もよく似ており、特にコチドリとイカルチドリは色模様がほぼ同じなので区別し難い。

伝統的な日本絵画において、チドリは定番の画題の1 つであった。それは、「桜山吹図屏風」(俵屋宗達筆 東京国立博物館蔵)や「六十余州名所図会」の「阿波 鳴門の風波」(歌川広重筆)のように極度に抽象化された“ゆるキャラの千鳥”として描かれることもあれば、「富士千鳥築波白鷺図屏風」(鈴木基一筆 個人蔵)のように写実的に描写されることもあった。ただし、千鳥と称する日本絵画の中には、鳥類学的なチドリではないものも散見される。浜辺で群れている小鳥はシギの仲間も該当し、いくつかの種(ハマシギやアカエリヒレアシシギなど)は大群を作るが、チドリは小群や単独で生活することが多い。そのため、絵画内の大群の千鳥は、チドリではなくシギであることがある。例えば「雪汀水禽図」(狩野山雪筆 個人蔵)や「千鳥図」(作者不詳 金沢市立中村記念美術館蔵)に描かれた鳥は、羽色の描写や群れている様子からシギの仲間であろう。
さて、“鳥の絵師”省亭もチドリをいくつか描いている。彼の作品は高い写実性が大きなセールスポイントであるから勿論、それらは“ゆるキャラの千鳥”ではなく“写実的なチドリ”として描かれている。けれども、彼のチドリ作品はそれぞれに作風が大きく異なり、同じ絵師の手によるとは思い難い。その中でも対極的な2作品を見比べみよう。

千鳥

花鳥図

1作目の「千鳥」では、飛翔する5羽のチドリが描かれている。翼は羽1枚1枚が正確に描き分けられ、頭の細かい色模様や目の周囲のアイリングも手抜かり無く描かれている。顔の模様と嘴の長さから、これらはイカルチドリだろう。画面の下側には水の流れと岩があり、流れが岩に当たって水飛沫が飛ぶ。荒れた海の波のように見えてしまうが、描かれたのがイカルチドリであることを考えると、これは急峻な川の流れなのだろう。いかにも省亭らしい、極めて写実的な作品である。
一方で2作目の「花鳥図」は、省亭の作品としては珍しく、かなりデフォルメされて描かれている。2羽のチドリが宙に舞い、下方には水が流れており、主題や構図は1 作目とよく似る。けれどもこのチドリは、頭と両翼を頂点とした正三角形で描かれ、お尻からは2本の足がひょろっと突き出る。これらは、“鳥類学的なチドリ”ではなく、むしろ“ゆるキャラの千鳥”と共有する特徴である。翼や尾の羽毛や脚の鱗など細部の描写は写実的だが、全体的なフォルムやバランスに写実性は無い。ひょっとしたらこれは、“ゆるキャラ千鳥”を意図的に省亭らしくリアルに描いたものかもしれない。少しリアルに描かれたミッキーマウス等と同類の、何とも言えない奇妙さがある。面白いことに、この2作品の中間に位置する画風の作品も存在する。「月に千鳥」(山種美術館蔵)はコチドリかイカルチドリを描いており、「千鳥」ほど写実的ではないが「花鳥図」よりは実物らしい。これら作風の多様性は、必ずしも写実一辺倒ではないという、省亭の芸術性の幅広さを物語っているのではないだろうか。

高橋 雅雄

(鳥類学者 理学博士)

このページのトップへ

十二ヶ月・千鳥 花鳥図・千鳥

このページのトップへ